よっしーの食品せどりと田舎でオールジャンルせどり

麺がないラーメン。料理もネーミングもありだ!

time 2018/10/12

麺がないラーメン。料理もネーミングもありだ!

あなたは、「ベジタブル家系」というラーメンを知っていますか? ときどき耳にする「麺がないラーメン 」です。

横浜家系ラーメンって字の前に丼ぶりがあるでしょ? この野菜の下に麺はいません。ラーメンなのに麵がない!どこまでも、野菜 on 野菜です。そう…温野菜!のチョモランマ。これがイエケイラーメンの「ベジタブル家系」です。野菜汁!

1 こっ…これはスープなのでは…

「麵がないラーメン 」… これはいいのか? 最初にこれ思いました。

だって、スープに野菜マシマシ。ラーメンってグループで丸を書いたら、これは入っていない気がする。

しかも、「今日のランチは温野菜サラダだよー!ヘルシー(´∀`=)!!」に。

というセリフ。ヘルシー・健康的…?!

1 アンヘルシー! ザッツ・らぁめん

のぉぉぉぉォォォ!!!!!!! 唐揚げが大好き!唐揚げも僕が大好き! そんなファットモンスターだって、これをヘルシーとは評価しない!

だって見て欲しい。脂澄み渡るこのスープ。この美しさ…。豚骨・鳥ガラに醤油を加えて煮込んだ豚骨醤油スープの透明度の高さを眺めつつ、

(画像引用:https://ikkakuya.jp/#section1)

そこに実に欲深き…濃厚凝縮醤油ダレにつけ込んだ美しきチャーシュー。そう、脂と脂の螺旋のきらめきの昇り詰めるさま…しばらく見とれるべき美しさがそこにはあります。

もちろん、海苔もそうだし、しんなりしたホウレンソウがすごくいい。スープの旨味脂がホウレンソウを優しく包み込み、口のなかにスゥッて溶け込んでいく感じ。それがいい。しあわせな気分に浸るエンペラータイム。

だからね。おいしいに決まっているんですよ。麺なんかなくたって。ニンニクや豆板?も投下すれば、まずくできるはずもない。

気持ちもわかります。母なるスープにくるまれた、柔らかくしっとりジューシー温野菜たちは、ちょっとヘルシーだなって。

だが、しかし!

だが、しかし!! これはラーメンとはいえない。百歩譲って…

2 デブを魅了する具だくさんスープ

これならまだわかる。現実はそう! もし、友達がこれをたべて「今日のランチは温野菜サラダだよー!ヘルシー(´∀`=)!!」といったら。「ウフフ…きみってバカなんだね…」って僕は、間違いなく言います。

でもね。そうはいってもこのツイッターすごくいいですけどね。なにより楽しさが伝わってきます。「温野菜サラダ」といいたくなる気持ちもわからなくはない。

クワッ!!、瞳孔が開きます! ならば、いいでしょう!

今から、みなさんにお見せしましょう。真実ってやつを。

スープじゃない。これは「麺がないラーメン 」だということを今から解き明かしていきましょう!

…そう、この世に解けない謎などチリ一つありません。

たしかに、内容は、ラーメン味の野菜スープだけど、この立ちはだかる巨大な壁も、見方を変えたら大きな扉!「麺がないラーメン 」の理を語りましょう。

巨大な壁:

①外食、しかもラーメンで、「ヘルシー(´∀`=)!!」と言う愚かなところ

②麺がはいっていないものを、「麵がないラーメン 」と言い切るところ

③これを「温野菜サラダ」と指さす。みじんも現実を把握していない能力

どうか…じっちゃん…僕に力をかしてください…

2 ものすごくニーズがある

1 心はいつもイベリコ

でも、なんで、ラーメンから麵をとったの?というところありますよね。理由を簡単に確認しちゃいましょう。

知っている人には当たり前だけど、糖質やカロリーをカットするためです。ほら、外食でラーメンを選びながら、「ヘルシー(´∀`=)!!」とか言ったら、「ウフフ…きみってバカなんだね…」です。

でも、フライドチキンとかたまに無性に食べたくなるときってありませんか?

ラーメンもそういうところがあって、理屈じゃないんですよ。エクササイズした。今、食べたらプラマイゼロ。だけど、食べちゃう。

せっかく減らしたけど、すぐ補充する。ここだけ見れば愚かな姿だけど、私は弱いんだという現状を受け入れ、ステップバイステップでトータルで理想に合わせるという意味では、ありだと思うんですよね。

この人も、麺を抜いて、ご飯を足しているところは愚かだけど、でも、いつもより、自分ができる範囲でちょっとだけ健康的にってことなら、成り立つでしょ。

それに、実際、やせていて普段コントロールできている人でも成り立ちます。ときにラーメンは食べたい。でも、フルスロットルで行くよりかは抑えてトータルでコントロールする。ある程度の期間の中でバランスをとっていく。

これは決して温野菜サラダなんかじゃないけど。でも、その人の思いの中で、ちょっと抑えていきたいってときは、やっぱり気持ち身体にやさしいメニューがあった方がいい。

2 ダイエットしている人も腹ペコも満足

とくに麺なしラーメンのいいところって、選択肢ですよね。

ご飯って、その人だけじゃなく仲間や家族といくことも多い。でも、相手がダイエット中だとお互いに気を使ってしまって外食には誘いにくい。

だけど、話題の麺なしラーメンがあるならってところがあって、糖質のカットも自由にえらべるなら、痩せたい人とお腹いっぱい食べたい人が、一緒に食事を楽しめます。

たぶん、今までそういうニーズって、そんなにくみ取れてないんですよ。こういう選択肢ってもっとあってもいいのかなって。

3 気持ちヘルシーメニューがお客さんをつれてきてくれる

くら寿司もそうだけど。

家族連れも含めて、こういう「からだにやさしいメニュー」が人気がでてきています。100円だしね。

http://www.kura-corpo.co.jp/fair/2017tousitsuoff.html

痩せたい人とお腹いっぱい食べたい人。普通だったら、ヒュージョンできない人ををつなげるメニュー。

糖質制限用の「シャリプチ」もそうだけど、シャリの部分を、酢漬けダイコンに変えた「シャリ野菜」もそうですよね。

これなんか、醤油よりも、ポン酢の方があいそうだし、寿司じゃなく刺身…というよりは、サラダに近いけど。

でも、必要とされていますよね。ダイエット中でも、美味しいもの食べれますよって。

ダイエット中までいかなくても、からだにやさしいメニューが、きっともっとでてくるはずです。ラーメン屋さんでも、話題の麺なしラーメンがぞくぞくと増えて来てますよね。

たとえば、秀ちゃんラーメン。

もともとは、麺をキャベツに変えた、ラーキャベという「麺なしラーメン」を出していたけど。やさしくおいしいメニューをすすめて、AB油(海老油)旨辛ラーメンというのがでてきました。

レビューとしては、ぜひ、メンムスビさんのこの記事を読んでほしいし、おすすめしたいけど。ちょっと引用しますね。

AB油(海老油)旨辛ラーメンレビュー:
http://menmusubi.com/hidechanramen000

ラーキャベレビュー:
http://menmusubi.com/hidechanramen007

白丸豆腐とんこつレビュー(一風堂):
http://menmusubi.com/ippudo-yakuin004

 

とにかくおいしそう!です。麺が、豆腐で出来た麺。「押し豆腐麺」なんですよ。豆腐が形をたもって、麺になることが不思議ですよね。

旨辛でおいしそう!

とくに、僕が一番好きなコメントは、これ。

「いやはや想像以上の旨さでした (^^ゞ 最大のポイントは、なんと言っても ”スープの旨さ” でしょうね!このスープあってこそ! でしょう。」ってところ。

これ、メインはラーキャベのコメントです。キャベツは麵じゃない。でも、物足りないどころか旨いと!

ピコーン! よくぞ言ってくれた!と思っています。

通常ラーメンの「麺」といったら、小麦由来のめん。形からいけば、豆腐が入っていたり、野菜だけというのは「ラーメン」ではないんでしょうね。

もちろん、麵をコンニャクにしたり、押し豆腐でつくってみても、代用品なんじゃないの?物足りないんじゃないの?って、頭によぎるわけです。

でも、レビューを見ているだけでも、これがまずいわけがない。

そこに「一風堂の白丸とんこつ百年豆腐と同じく、単なる代用品ではなく、新たな世界を感じさせる一杯♪ 寂しいどころか、ワクワク感さえあります^^」というセリフが続きます。

ピコーン。それです。「新たな世界を感じさせる一杯♪」

ワクワク感という言葉でスイッチが入ったのですが、ぜひ。このマンガシリーズもおすすめしたいです。マンガだけど、内容はビジネス書です。作中でもハゲとよばれるセリザワさんが「やつらはラーメンを食べているわけじゃない。グルメ情報をたべているんだ」とか、「どこにでもあるありきたりな味だからいいんだろうが」とかの後に続く説明がなかなかいいです。

純粋な料理漫画としては、好き嫌いがでちゃうかもしれないけど。無料お試し版もあるので、ラーメンというよりはビジネスなんだよという観点で読んでみたら面白いですよ。

話を戻しますね。

3 新たな世界を感じさせる一杯

1 ラーメンの歴史にまた1ページ

これですよ。ラーメンの進化。ずぅっと悩んでいました。

たとえば、東京の八重洲店だけだろうけど。麺を肉に代用した、つけ肉。

ロケットニュースのこの記事もいいですよ。おすすめしますね。

【攻めすぎ】Twitterで話題の「麺を肉に変更したつけ麺」を食べてみた! 超ウマいけど一体何がしたいんだコラ!! 東京・八重洲『舎鈴』

 

はっ!ご飯を足している。麺を抜いたのに…こっ、これは…ギルティ!!

でも、ラーメンに「スープと麺」はマストではという思いがあるわけです。

こんなのもあるんですね。でも、焼きそばも、「焼」いていることがポイントじゃないけど「麺を抜いていいのか」ですよね。ものすごく、疑問があります。

麺が無い時点でラーメンじゃない。こんなシンプルでスッキリするロジックもないぐらい。

焼きそばだって、麺を抜いたら「野菜…」。「麺がないラーメン 」だって、麺を抜いたらスープ。野菜スープです。言葉だけみればね。メインになる部分は抜いちゃいけないんじゃないの?という疑問もあります。

肉のないステーキ。米のないオニギリ。ルーのないカレー。肉のない「牛丼」。メインはとっちゃダメなんじゃないのが頭をよぎります。せいぜい鍋物までじゃないの?と。

だけど、写真でみると「スープ」じゃないって気もします。「麺がないからスープ」という言葉に引きずられているだけなんじゃないの?って。

押し豆腐麺だけど、少なくとも、今までの小麦のメンとは違う。基本はスープに豆腐。しかも、もうひとつは、キャベツだしね。どちらかといえば、ベジタブル家系の流れです。

スープってくくりで見たときに、ほんとに「麺がないラーメン」がスープってグループに入っているかなって。コンソメスープとかのカテゴリーにはいないです。

たとえば、犬も色々なイヌがいます。正確な意味づけは難しいけど。見れば、チワワにしても、パグにしても、これは犬だよねってわかります。

麺がないラーメンも、たぶん、本質は「ラーメン」のグループですよ。写真を見る限りはね。「麺がないからスープ」というのは、ちょっと形に引っ張られているかも知れないなって。

2 ラーメンに枠はない

言い切ったら怒られちゃうけど。でも、うどんやそばと違って、ラーメンはすごく自由度が高いです。おそらく、積極的な定義付けは難しい。それはラーメンの歴史がまだ未完成だから。

ラーメンに「スープと麺」が必要だとしても、たぶん、麺もスープも、今までのものとは少し変わっていくんだろうなって。

押し豆腐麺だったり、キャベツや野菜で麺のアレンジをする。これって、今までのラーメンの流れを受けて、新たなものをつくろうっていう試みだと思うんですね。

麺にお客さんのニーズを組み入れてみたら、新しいものが生まれるんじゃないかという、新たな世界を感じさせる一杯。ラーメンの歴史にまた1ページです。

それは、今までよく知っているラーメンとはちょっとイメージが違うだろうし、「野菜 on 野菜」だと、ちょっと新たな試みの部分が大きいから ラーメンかな?って思っちゃうけど、料理としてはありですよ。それをラーメンというかは別としてね。

でも、麺のポイントが「①スープとよく絡み。②気持ちのいい食感を口の中に残しつつも、③腹もちがよくなり、④トータルで満足感を与える」と考えたときに、

もっとひろげれるはずです。豆腐やキャベツであっても、枠組みとしてはボンヤリしちゃうけど、メニューとしてあれば、ラーメンを食べたいといった人の気持ちを引き付けることができるはずです。実際、レビューを見ても、twitterを見ても、ホームページを見てもお客さんに指示されてます。

クラ寿司のシャリ野菜や、このベジタブル家系だって、一見ふざけているように見えるけど、、話題の麺なしラーメンがあるなら、糖質のカットも自由にえらべるなら、痩せたい人とお腹いっぱい食べたい人が、食事を楽しめます。

楽しそうでしょ?でも、そういうニーズって、そんなにくみ取れてないんですよ。現実は温野菜サラダじゃない一見ステューピッドなツイートも、見ていることや感じているところは違うところです。

今までは0か1か。完全に我慢しなくちゃいけなかったけど、こういったメニューで食事を楽しむことができる! 僕はこのツイートホントいいツイートだなぁと思います。もっと、こういう選択肢ってもっとあってもいいはずだけどね。

「麺がないラーメン」…むしろ、なんで今までなかったんだろう…が正解かもしれないですよ。

少なくとも、料理としてはありです。ただ、名前ですよね。

3 「麺がないラーメン」ネーミングはジョークか

これ。残りますよね。「麺がないラーメン」の1番のネック。料理としてはありだけど、ラーメンを名乗っていいかどうか。普通なら名乗っていいわけがない。ネーミングの問題じゃないのって。

でも、これを見たときに思いました。

正しくいえば「ラーメン」じゃないけど、このネーミングが大事なんだなって。

日清食品も「麺がないラーメン」でだしているでしょ。

日清にはブランドがあります。「ごろっと果実」とか、「もちっと生パスタ」とか、「具多(グータ)」とか、「麺の達人」とか。大体が、擬音や、特徴や、こだわりあるよってものを名前に入れたりします。

ホントはスープのカテゴリーで「ごろっと野菜とか。野菜のコンシェルジュ」とか言ったものでもいいんだろうけど。たぶん、これだと心をわしづかみにできないんですよ。

この商品をみたときに「ベジタブル家系」も、野菜スープとしてだしちゃいけないだろうなって感じました。

やっぱり「麺がないラーメン」。聞くだけで、ラーメンのボリュームと味がパーンと浮かんで麺がないということがすぐにイメージできる。

なによりも、聞いたことがないから、試したくなる。ここがポイントなんだろうなって。

ラーメンじゃない…たしかにそうかもしれない。だけど、最大のポイントは、なんと言っても スープの旨さなんだ! 満足して頂きたい!!

ならば、野菜にフィーチャーしてはいけない。そう…今宵。気持ちヘルシーメニューを選択しつつ、スープのインパクトと満足感におぼれて頂きたい。ぜひ、食事を堪能して頂きたいの思いが、このジョークの名前を生み出しました。

麺はない…そこは、身体にやさしくしました。だが、しかし、満足して頂きたい骨の髄までガツンと。そのスープの旨さ。This is らぁめん。そこに言葉はいらない…。

最後は自分でも何を書いているのかよくわからなくなってきましたが、でも、実際に、食事を楽しみたいって人の喜びを増やしているわけでしょ?

ラーメンは脂と油の芸術なんだから、ヘルシーを求めるなら来るな!でした。やせなきゃと思う人には、0か1だったけど。「麺なし」が選択肢やラーメンの可能性を増やしているわけです。

もちろん、その人だけじゃなく仲間や家族連れとも。麺はないし、ほんとの意味で温野菜サラダでもヘルシーでもないかもしれないけど。そこには優しさがあります。いいじゃないですか。「麺がないラーメン」。それがいい。だからいい。

4 まとめ

もういいでしょう…「麺がないラーメン 」という言葉が必要な真実…。

それは、聞くことで、「ラーメンのボリュームと味、そして、麺がない。糖質を抑えていることがすぐにイメージできる」。

「麺がないこと」も自由にえらべるなら、痩せたい人とお腹いっぱい食べたい人が、一緒に食事を楽しむことができる。仲間や家族に気を使うこともなくね。

そして、ダイエット中までいかなくても、ちょっとだけ身体にやさしいメニューが、きっともっとでてくるはずです。

…そう、この世に解けない謎などチリ一つありません。「麺がないラーメン 」はありです。料理もネーミングも。

謎は解けた!!! 今日はここで終わりたいと思います。

sponsored link

down

コメントする




あいさつ

いい記事があったときに、ぽちっと押して頂けると励みになります。みなさんの応援が必要です。

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村


せどり ブログランキングへ



sponsored link