よっしーの食品せどりと田舎でオールジャンルせどり

台風24号 駆け抜ける暴風!三重・静岡はとくに夜注意して

time 2018/09/30

台風24号 駆け抜ける暴風!三重・静岡はとくに夜注意して

こんにちは、今日は2018年9月30日(日)の12時ですが、Yahooニュースの記事を見て驚きました。引用しますね。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180930-00010004-wmap-soci

台風24号により、鹿児島県で、1時間で120mmの雨が降っているよって内容です。

ただ、びっくりしたのはそこではなくて、こっちのコメント欄です。どんな台風か、報道がないのでイメージできない…でも、いつもと違う気がする。しかも、それに対して、いいねマークがたくさんついている。

たとえば、Googleには災害情報マップというのがあって、今回の対象としては全都道府県です。ほんとに簡単な情報だけど、各県はクリックできるので試しに見てみることもおすすめします。ちなみに、台風24号は北海道にも影響があるので、気にしていた方がいいはずです。

https://google.org/crisismap/japan

今みたばかりで、確認の時間がないけれど、どんな台風が来るの?ってポイントだけ、ひろいだしたいと思います。で、まずはコレ。

1 影響の時間帯

・9月30日の日中:

九州や四国に影響。おそらく兵庫には前線もかかっている可能性あり。大雨に河川の氾濫。電信柱が倒れるような防風。なので、停電。

・9月30日夕方以降:

近畿から東海。とくに三重県・静岡は注意。南東からの暴風。20時30分に海が満潮。そこに台風が水を巻き上げるため、沿岸部危険。

・9月30日夜から、10月1日早朝:

関東から北日本の広範囲でものすごい暴風。首都圏も当然嵐。東北は早い段階で暴風・高波の可能性あり。秋雨前線も青森あたりに移動。大雨。

・10月1日 日中:

北海道襟裳から帯広の間に、ものすごい暴風。50mと風の力は衰えておらず。

どの地域も1日たえることになりますが、とくに強調されているのは、ものすごい暴風ということ。

さっきのGoogle災害情報でもみたけど、台風自体大型で、秋雨前線の雲ともからんでいるので日本全土にかぶさっています。

2 とにかく嵐

Yahoo! ニュースの、この記事もおすすめしたいけど。とにかく暴風。

https://news.yahoo.co.jp/byline/sugieyuji/20180930-00098771/

風速50メートルって、時速200km近くの風です。木や電柱が倒れ。車がころがり、木造家屋に被害がではじめる強さのこと。

気象庁としても、非常に強い風速45m/sでだしています。

そして、偏西風にのって加速するので、北海道にたどりつくときも、風は強いままです。

大型ということもあって、衰えるまえに到着します。

ちなみに、風について少しイメージができた方がいいので、ツイッターベースで沖縄の状況をシェアしますね。

まずは、風のイメージ。

冠水状況や、暴風の影響。車や看板がなぎとばされていますよね。

ちょっとしたところでは電線が切れるし、停電はまず発生します。

風や雨が強い。外にでかけるのはまず危険があるという、訴えかけてくるようないい画像ですよね。

なので、まずは、日本全国にリアルタイムでだされる警報の確認をしておいてください
https://typhoon.yahoo.co.jp/weather/jp/warn/

とくに河川ですよね。北海道・京都・大阪・滋賀・福井は川があふれますよの警報がでています。

Yahoo!の災害のページが役にたつはずです。

たとえば、こういうページですね。

(引用:https://typhoon.yahoo.co.jp/weather/river/)

3 雨にも注意

気象庁がポイントをだしていますね。ものすごい暴風以外にも、秋雨前線がかかわることもあり、近畿・東海でものすごい雨が予想されています。地域によるけど2ヵ月分の雨が1日で降るよって。

http://www.jma.go.jp/jp/kishojoho/000_00_662_20180930021918.html

気象庁としては、イメージしている県があるはずだけど、おそらく、兵庫・三重・静岡です。まずは、たたきつける雨。風は南東から入るようなので、とくに東側の斜面の手前のエリアはリスクがあるはずです。

とくに、高波です。伊勢湾台風に匹敵とあります。

三重・静岡だと思うけど、9月30日 夜20:30頃が満潮です。海面がすごくあがる。さらに海を台風が吸い上げてくるので、沿岸部は注意が絶対に必要。

三重・静岡は、とくに夜ということが不安なところです。沿岸部でなくても。明かりと、この時期寒いので、お風呂に温かいお湯を用意していた方がいいかもしれないです。

停電も予想されるので、充電や予備バッテリーも忘れずに。外も出れないので、半日分の食糧も必要になるかもしれないし。

また、停電・土砂災害・冠水とかなので、最寄りの避難場所。たいてい、学校・公民館です。確認していた方がいいかもしれません。

首都圏はおそらく、10月1日の0時から3時のはずです。

東北については、ウェザーニュースを引用しますね。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180930-00005698-weatherv-soci

岩手付近を通るということと。前線が青森にかかっているので、大雨に注意です。先程のリアルタイムでの警報が参考になるはずです。

そして、北海道については、進路が上陸するかどうかわかれちゃうけど。10月1日の日中にやってきて、暴風の影響があるはずです。

4 全体として

基本的には、風速が強いので交通機関は影響を受けて完全にストップするはずです。とくに暴風のなかで、物が飛ぶため、外にもでれない。

移動速度としては速いため、半日じっとするイメージになっていくのかなって。

すいません。先ほど、JR東日本は20時にはストップするとアナウンスしているんですね。ディズニーランドにいく京葉線は18時には運休…

運休は理解されるだろうけど、仕事の人もいるだろうし、ディズニーランド18時に閉園するのかな?(通常22時)。もっと早くアナウンスできるといいですよね。

しかも、上野東京ライン、湘南新宿ライン、京葉線、伊東線…と対象がひろいです。少し路線は確認した方がよさそうです。

基本、運行できないでしょうから。

また、台風24号については、気象庁が記者会見も行っているみたいで。

 

さわりしか見ることができなかったのですが、とにかく暴風を強調しています。少し1時間と長いですが、詳しく知りたいような人にあは、参考になるはずです。

いつものように、台風が現在どこにいるかを確認するためのツールについても残しておきますね。

台風の動きをリアルタイムで。これで可視化可能!

それでは、本日もブログを読んでくれてありがとうございました。

sponsored link

down

コメントする




あいさつ

いい記事があったときに、ぽちっと押して頂けると励みになります。みなさんの応援が必要です。

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村


せどり ブログランキングへ



sponsored link