よっしーの食品せどりと田舎でオールジャンルせどり

よっしーの食品せどりと田舎でオールジャンルせどり【電脳せどりと店舗せどり|副業実践のやり方がよくわかるブログ】

クレジットカードについて

こんにちは、よっしーです。

これからせどりをはじめたい人のためにも、アカウントを開設するために必要なクレジットカードについて書きたいと思います。

まず、これからせどりをはじめようと考えている人・出品者になる人は、基本的にクレジットカードが必要です。

必要な理由は、購入者側でなくても、Amazonから請求されるものがあるからで、大口出品者の月々の登録料(月額4900円)や、FBA保管料等(自分の商品をAmazon倉庫に置いてる分の手数料)が請求の対象になります。

そういったことで、登録時にクレジットカードがの内容の登録が求められます。ようは、Amazonに対する支払いのために必要になります。

また、みなさんはおそらく仕入れる際に現金だけでなく、クレジットカードも使うことになるかと思います。

せどりをはじめるみなさんに知ってもらいたいのは、せどりは資金はあった方が有利ということを知る必要があります。なにあたり前のことを…とみなさんは思うかもしれませんが、理解しておいた方がいいと思います。

ここはせどりっていくら稼げるの?という話ともかかわってきますので、タイトルとは少し外れますが、説明をします。

ぼくは、せどりに興味をもっていたときに思っていたことが、じゃあ、いくら稼げるの?ということでした。たとえば、せどりを副業で検討されている方など、当然本業があるわけですから、それとのバランスで、必要なコスト(労力・お金)に対して、どれだけ収入を得られるかが気になるかと思います。

また、僕自身がせどりをはじめる前に、色々なブログを見てヒントを得ようとしました。実際に僕がみたブログでは、それは人によって違うし、経験や能力によってもかわるので説明できないといったことが書かれていました。

人によって違う…これはたしかに事実です。せどりは中級者になると、このぐらいの作業量で大体これぐらいの収入になるなとわかりますが、おそらく、最初はまったくわからないだろうし、このブログを見ている人もイメージできないと思います。少なくとも僕は、ピンからキリまで差が広すぎて、イメージがわかなかったことを覚えています。

なので、作業量という部分ではなく金額ベースで目安をいってみますが、みなさんがせどりをはじめて、利益がでると判断した商品があるとします。そこで、使った金額の1/5位が収入になります。おそらく、利益率は20%ぐらいに落ち着くのではないでしょうか。

ちなみに、みなさんは、せどりをやるとして、どれぐらいの収入を得たいですか?副業で考えているような人なら、ひと月に10万円ぐらいでしょうか?

もし、そうだとすればひと月に50万円ぐらいは利益がでる商品を買う必要があります。Amazonからは2週間に1度売上の振り込みがあるので1回で50万円をだすわけではないのですが、2回に分けて1月に50万円。それでもある程度の金額だと思います。

そういった意味では、手持ちの現金が多い人はともかく、おそらくクレジットカードも使うことになるかと思います。

具体的にどのカードがいいのかについてのポイントは、すぐつくれるもの、枠が大きいもの、そして、支払日が遅くなるものがいいかと思います。

まず、商売の基本が「入金は素早く、支払いは遅く」というところにある以上、クレジットカードの締め日と、支払日との支払いサイクルが大きいものが一番有利かと思います。

ちなみに、クレジットカードの締日と支払日の支払いサイクルとして多いのは次の2つのどちらかですが、

•15日締め翌月10日払い

•末日締め翌月27日払い

これだと、大体26日から40日程度が支払いサイクルになるかと思います。ちなみに、ぼくはクレディセゾンカードをおすすめします。

理由は、まず、流通系クレジットカードは審査が比較的厳しくないということで、これからせどりをやる人のクレジットカードづくりには適しています。

また、即日発行なんですね。申し込んだ当日に、セゾンカウンターでカードを受けとることができます。ちなみに、カウンターは、ららぽーとやパルコとかにあります。

僕自身は、社会人時代に海外出張を1週間後にという話がきたときに、急いで海外で使うためのクレジットカードを申し込もうとしたことが理由なのですが、

セゾンカードの場合、インターネットで申し込んで、30分程の審査のあとメールが来ますので、そのあと、必要書類をもってカウンターにいくだけです。

また、支払いサイクルも大きく、末日締め翌々月4日払いとなっています(大雑把に33日-63日程度)。支払日を最大で2か月伸ばすことが出来るのである程度有利なカードかと思います。

支払いのサイクルについては、こういった支払いサイクルの長いセゾンカードを試してみるとか、上記のサイクルのカードでクレジットカード2枚を使って、1ヵ月以内に支払いが来ないよう組み合わせるのがいいのではないでしょうか。

具体的には、2枚のカードを月の前半使用分(1日から15日用)と後半使用分(16日から31日用)とに分けるのですが、

A:15日締め/10日払い

B:末締め/27日払い

ABの2枚のカードがあるとします。カードは締日の翌日から使うのが一番支払日が遅くなりますので、

Aのカードは締めの日の翌日から、月の後半用に使うカード(16日から末日)として、Bのカードは、締めの日の翌日から、月の前半に使うカード(1日から15日)として使用すると、支払いサイクルを40日ぐらいに伸ばすことができます。ちなみに、この場合は、1度に枠を全部使ってしまうと翌月になっても枠が復活しないので、枠の半分づつ使用することとなります。

ただ、ぼくは今のところこういう考えが少し面倒だなというところもあって、支払いサイクルの長いセゾンカードを継続使用しています。

こうすることで、購入商品についてもAmazonの入金サイクル2回を経た後にチャージされることとなりますので、余裕をもった販売戦略をたてることができると思います。

ちなみに還元率については、いいに越したことはないかと思いますが、使用金額が大きくないことから、ぼくはあまり重視していません。それよりも支払いサイクルの長さの方が重要だと思っています。

ただし、カードの使用枠については注意をしてください。2週間毎にAmazonから売上金が指定口座に振り込まれるのですが、Amazonは振り込み前にクレジットカードが有効かどうか検証するため、クレジットカード会社に対して、1円の請求が可能かどうかを確認します(https://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html?nodeId=200482370)。

この場合に限度額を越えていると、この1円の請求が通らず売上金の振り込みが行われません。そうすると、先にクレジットカード会社に限度額オーバー分やその他手数料を支払う必要がでてきます。

なので、カードの利用可能額についてもある程度意識しておいた方がいいかと思います。

また、クレジットカードが理由あって作れなかったり、どうしても支払いがいっぱいでカードの残高不足の人は、使用したお金がすぐ自分の預金から引かれるVISAデビットカードでもいいのではないでしょうか。

あと、実際に使ったことがないので真贋がわからないのですが、Vプリカというコンビニで入金するタイプのクレジットカードも使用できるようです。

特徴は、審査不要、コンビニ入金のプリペイド式、しかし、機能はクレジットカードと同様ということが売りのようです。

Vプリカについては、ここからサイトを参照できますので、必要に応じて確認してください。

まとめますね。クレジットカードの登録には、支払いサイクルの長いものがおすすめです。また、クレジットカードがない場合も、デビットカードでも対応が可能なようなので、検討をしてみてください。

それでは、本日も記事を読んで頂きありがとうございました。

いつも読んで頂きありがとうございます。稚拙なブログでも時間をかけて一生懸命作りました。1日ごとに、ぽちっと押して頂けるとランキングに反映されて、僕もこのブログが少しは参考になっているんだなと安心します。そして、また、みなさんにできるだけ結果がでるような情報を提供するモチベーションになります。ぼくも、みなさんの応援が必要です。

にほんブログ村 小遣いブログ 副業・副収入へ
にほんブログ村


せどり ブログランキングへ

sponsored link

down

コメントする




あいさつ

実績

副業せどりを始めて3ヵ月で月商100万円達成。2017年1月現在(7ヵ月目)160万円更新中。

にほんブログ村

いい記事があったときに、ぽちっと押して頂けると励みになります。みなさんの応援が必要です。

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村


せどり ブログランキングへ



sponsored link