よっしーの食品せどりと田舎でオールジャンルせどり

よっしーの食品せどりと田舎でオールジャンルせどり【電脳せどりと店舗せどり|副業実践のやり方がよくわかるブログ】

なぜ、SDカードがドラッグストアに?違ったカテゴリーに登録されていて出品できないときの対処方法

time 2017/05/14

なぜ、SDカードがドラッグストアに?違ったカテゴリーに登録されていて出品できないときの対処方法

こんにちは、よっしーです。

今日は、最初にみなさんに質問です!SDカードってありますよね?そう、デジカメやビデオカメラ、デジタルフォトフレームなどでデータを残しておくための記録媒体「SDカード」です。

2cmぐらいの小さなカードです。これって、カテゴリーとしてはなんでしょう?みなさんが、新規に登録するとしたら、パソコン・オフィス用品の>>パソコン・周辺機器で登録をするはずです。カテゴリーを間違えたとしてもおそらく家電です。

もし、このSDカードがドラッグストアのカテゴリーで登録されていたとしたらどう思いますか?

僕もそうですが、新規のセラーはとくに出品ができないはずです。それはどうしてでしょうか。また、どう解決しますか。今日は、そんなお話をしたいと思います。

1 さあ、買ってきたSDカードの商品登録をしよう

先日、イトーヨーカドーで商品を買ってきたという記事を書きました。17年間操業してきた、千葉県浦安市のイトーヨーカドーの閉店セールで、何個か商品を買ってきたことのお話です。

そこで買った商品のうち、SDカードを50個ぐらい買ってきました(3種類:20個、20個、10個)。そのうちの1種類が登録したときに引っかかります。

あれ?いつもある「出品ボタン」がない。そうです。出品ボタンがないということは、出品規制です。なにかの規制がかかっています。

登録するには、この「出品制限が適用されます」の青字の部分をクリックして、出品許可申請をしなくてはいけません。当然、このままでは、Amazon倉庫に納品すらできません。

でも、まてよ…?そう、思います。Amazonは出品者が取り扱ったことのあるカテゴリーと、過去のAmazonとの取引の量とかでちょっとした制限をかけることはありますが、最初の頃の2ヵ月はともかく(このときはAdidasアディダスにかかったことがあります)、他は、個別の制限には、かかったことがありません。

【出品許可申請】としては、ドラッグストアと、ヘルス&ビューティが残ってはいますが、今回はSDカードです。過去にも何百枚と取り扱っています。かかるはずがないんだけどな…、そう、思いました。

2 なぜ、SDカードがドラッグストア登録?

とはいえ、現実には規制がかかっているので、まずは「出品制限が適用されます」の青字の部分をクリックします。ドラッグストアの許可申請が必要ですと表示されています。

なんじゃこりゃです。僕の認識では、ドラッグストアの対象商品って、洗顔、医薬品とか、オムツとか、まさにドラッグストアに売っていそうな商品です。人の肌に直接触れることを前提にしたような商品です。SDカードが全然関係のないカテゴリーで登録されています。

でも、少なくともこれをなんとかしなくては、買ってきたSDカード50枚が無駄になります。解決の方向性はシンプルです。ドラッグストアの許可申請をもらうか、このSDカードの商品カタログを(ドラッグストア→パソコン周辺機器に)修正しないといけません。

まずは、テクニカルサポートへ連絡です。下記内容の修正をかけます。また、カタログ修正にはちょとした修正の根拠が必要みたいなので、同じ製品の32GBのものは、記録メディアとして登録されていることのURLを添付します。

■対象商品
ASIN:B00M4U3UE2
商品名:東芝コンシューママーケティング 東芝 マイクロSDカード8G SD-ME008GS

■修正箇所
カテゴリー

■修正内容
ドラッグストア
→パソコン・周辺機器/PCアクセサリ・サプライ/メモリーカード/microSDカードへ修正

さて、どうなるでしょうか

3 対応するとの連絡が

テクニカルサポートから、関連の部署に内容を展開したとの連絡が入ります。どうなるでしょうか。

「お問い合わせをいただきました ASIN:B00M4U3UE2 のカテゴリー修正につきましては、現在Amazonテクニカルサポートより担当部署への確認を行っております。

担当部署より回答があり次第あらためてご連絡いたしますので、今しばらくお待ちいただけますようお願い申し上げます。」

実は、その後、商品登録の項目は見ていたのですが、2日後にパソコン周辺機器に登録がなおっていることを確認しました。ちなみに、Amazonからなおしましたよと連絡がきたのは3日目です。

対応の時間としては、数日かかるみたいですね。似たような問題に遭遇したときは早めに対応した方がいいかもしれません。

4 これは誰が登録したのか

僕は、当然ここが気になります。実は、また新規カタログページを作ったことがなくて、今度試したいなと思っていたのですが、でも一番最初の作業の部分はわかっています。

それは、商品登録の画面で、「商品を新規に登録する」というところがあります。そこから、最初はこういったカテゴリーを選択する画面に変わっていくんですね。

なので、そもそも、これをやった人は、このSDカードの商品カタログを作った人です。カテゴリーの箇所は似たような場所にありますが、それでも何個か選択するので、おそらくねらってやっているはずです。

あまり他のセラーに相乗りをして欲しくなかったのかもしれません。でも、そんなことを言ってしまったら、カテゴリー分けをしているの意味がなくってしまいますけどね。

いずれにしても、もし、みなさんが違ったカテゴリーに登録されている商品を仕入れてきてしまった場合には、下の画面がから、テクニカルサポートに連絡をしてくれれば、解決することができます。

セラーセントラル→サポートを受ける→出品、商品情報、ファイルアップロード→商品ページの問題→商品ページの修正です

それでは、本日の記事は以上になります。

いつも読んで頂きありがとうございます。稚拙なブログでも時間をかけて一生懸命作りました。1日ごとに、ぽちっと押して頂けるとランキングに反映されて、僕もこのブログが少しは参考になっているんだなと安心します。また、みなさんにできるだけ結果がでるような情報を提供するモチベーションになります。ぼくも、みなさんの応援が必要です。

にほんブログ村 小遣いブログ 副業・副収入へ
にほんブログ村


せどり ブログランキングへ

sponsored link

コメント

down

コメントする




あいさつ

実績

副業せどりを始めて3ヵ月で月商100万円達成。2017年1月現在(7ヵ月目)160万円更新中。

にほんブログ村

いい記事があったときに、ぽちっと押して頂けると励みになります。みなさんの応援が必要です。

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村


せどり ブログランキングへ



sponsored link