よっしーの食品せどりと田舎でオールジャンルせどり

台風6号 とりあえずわかること 大雨

time 2018/06/14

台風6号 とりあえずわかること 大雨

1 はじまりは突然に

こんにちは、沖縄でエイサー祭りというのがあって、たまたま、にひひシーサーってグッズを見ていたら、台風が来ることを知りました。マスコットとしては、笑顔がいいんだけど、それとは別に台風が来ることにビックリです。

ちなみに、今は2018年6月14日(木)ですが、17時の時点ではまだ発生していません。これから来る!って話になっていますよね。

場所は、台湾です。そして、まだ熱帯低気圧です。ちょっと気象庁のホームページを見てみましょうか。

緑色のところですが、木曜日(14日)では、風速が15m/sなので、まだ台風にはなっていません。でも、赤字のところですよね。24時間以内に、風速が17m/s以上を超えて台風6号になるとみられています。

地図上も、台湾のすぐ右側に予報円ができています。なので、今週の金曜日(15日)は石垣島・宮古島。土曜日には、台風6号が、沖縄全体にかかってくるよというのは予想ができます。

今週末、沖縄でイベントを予定している人は、おそらく影響があるのでしょうね。何個か確認してしまいましょう。

1 今回の台風って強いの?

まずは、発達するのかどうかですよね。参考として、earth wind map(アースウインドマップ)を「海温」に切り替えてみましょうか。

ちょっと直観的になりますが、赤枠で囲ったところ、台湾の周りは温かい海水が来ています。でも、日本のすぐ南側まで温かい海水が張り出しているわけではないんでしょうね。

台風が温かい海からエネルギーを受けて、大きく発達するというわけではなさそうです。

ちなみに、earth wind map(アースウインドマップ)については、こちらの記事をみてみてください。

台風の動きをリアルタイムで。これで可視化可能!

2 じゃあ、どこを通るんだろう?

これを見ていきたいと思います。ただ、今は、台風すら発生していないので、大きく誤差があることだけは知っておいてくださいね。

ただね。色々な予定がある人にとっては、この後、どうなるか、ある程度、リスクとして知っておきたいということも大事だと思うので、現時点でわかることを確認していきたいと思います。

まずは、米軍予報(JTWC)から見てみましょう。

画像はコレ。沖縄から、日本の南側を北上するルートです。

ちなみに、日時ってわかりますか?台風の場所としてポイントを3つ置いていますが、左から、6/14の9時。6/14日の21時。6/15日の9時になっています。

読み方は、スラッシュの左側が日にち。右側の方が時間です。00Zとか書いてあるでしょ。Zというところがわかりにくいのですが、日本時間にするときは9時間足します。

なので、日時としては外れちゃっているけど、木曜日の朝(14日9時)に、石垣島・宮古島。金曜日の夜(14日21時)に沖縄全体、金曜日の朝(15日9時)に、高知県の南側に来ますよといった予測を立てています。

ただ、趣旨としては1日遅れでみたらこうなりそうですよね。

ちなみに、いま見たのは、米軍モデルです。

これが気象庁が参照するモデルだと、台風の進み、影響日時が変わってくるので注意してください。

気象庁が考えるモデルでは、台風の進みがもう少し遅いです。

具体的には、土曜日の夜(16日18時)に沖縄にきます(赤枠のところ)。

右側にある緑色のところ。これが先行している低気圧です。その後、今回の台風6号(赤枠)が続きます。たぶん、今回の台風6号が弱いってことを意味していると思うんですけどね。

しかも、進み方も遅いです。

6/19日(火)に高知県の南側。

その後、水曜日の朝3時に東京の南側を通ることになります。

ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)も見てみましょうか。

こちらが、6/16(土)の9時ですよね。

そして、6/17(日)の9時。

ただし、これは弱いので台風でなく、熱帯低気圧として見ていそうです。もしかしたら、参考にならないかもしれないですね。

3 今後確認するポイントは

現時点では、まだ台風6号が発生していないので、わからないところもありますが、なんとなく、方向性は見えたんではないでしょうか。

どの考え方も、6/15日の金曜日から、土曜日にかけて沖縄に影響を与えることを想定しています。そして、進路も高知県の南側まで一緒です。

でも、おそらく、弱い台風なんじゃないかなって思っています。梅雨前線も、日本の南側に位置しているので、北上しなければとくに大きな問題とはならなさそうです。

ただ、まだ、状況がわからないので、今後の台風ニュースの報道ですよね。おそらく、気にするところは3つかなと思います。

ひとつは、台風の強さ。そして、進路。

ちなみに、台風の強さについては、下の記事が参考になるかもしれません。よかったら見てみてください。

ええ?!台風3号が直撃するの?その進路と強さについて

台湾の側でパッと発生するので、沖縄の方は台風の強さや雨・風についてですよね。

他の地域の方は、進路の話が先に気になるかもしれません。でも、高知県の南側まで進むというのは外さないかなって思います。ただ、その後ですよね。

その意味では、高気圧の位置が気になります。台風は、基本的に、高気圧のふちをなぞるように移動しますので、配置によっては、今後のルートが変わるのかなって思っています。

もちろん、日本に近づく、もしくは上陸する可能性もあります。

なので、今の、2018年6月14日の17:00の時点では、まだ、台風にはなっていないけれど、おそらく、明日までに台風6号が発生し、金曜日から土曜日に沖縄に影響を及ぼして、高知県の南側まで来るというのは、おそらくそうなるのかなって。

最後に、北上の早さなんでしょうね。ここなんかも、ポイントになるのかなって思います。

とくに、沖縄の方は雨のことがニュースで報道されると思います。1ヵ月分の雨が降ると。

梅雨前線だけじゃなくて、台風もその後、続いて雨をふらせますよということをいいます。

リスクとしては、冠水、土砂災害、停電の話です。

その意味では、ニュースの報道や、日本全国にリアルタイムでだされる警報も確認しておいてください
https://typhoon.yahoo.co.jp/weather/jp/warn/

ちなみに、沖縄の方には、もし、よかったらTeam SABOTENさんの動画をおすすめしたいなと思っています。

今は、まだ評価されていないけど、内容がいいのでおすすめしたいです。もし、よければみてみてください。

そして、今は、6月16日の朝5時ですが、今後、風速は維持するものの、月曜日には温帯低気圧になりそうですね。内容を、ANN NEWSから引用します。

こういう感じです。台風が温帯低気圧に変わるので、月曜日を境目にして、台風は収まるものの、九州中部から関東では天気がぐずつくことになりそうです。

そして、少なくとも、月曜日までは、雨が持続します。なので、沖縄の人や、奄美の人は、どんぴしゃさねというところはあるのですが、この後も大雨の警戒が必要です。16日(土)。

詳しく聞きたい方は、Team SABOTENさんの動画がいいのかな。もし、よければみてみてください。

ただ、ポイントとしては、

今日の18時まで雨がたくさん降りますよというところと、

その理由ですね。

台風がまき散らす雨雲に加えて、台風本体も近づいているからといった部分を、より詳しく説明してくれています。

心配事項は、冠水、土砂災害、停電です。

少なくとも、18時までは、日本全国にリアルタイムでだされる警報を確認した方がいいかと思います。https://typhoon.yahoo.co.jp/weather/jp/warn/

それでは、本日も記事を読んで頂きありがとうございました。

sponsored link

down

コメントする




あいさつ

いい記事があったときに、ぽちっと押して頂けると励みになります。みなさんの応援が必要です。

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村


せどり ブログランキングへ



sponsored link