よっしーの食品せどりと田舎でオールジャンルせどり

よっしーの食品せどりと田舎でオールジャンルせどり【電脳せどりと店舗せどり|副業実践のやり方がよくわかるブログ】

隅田川花火大会 無事に帰宅せよ!

time 2017/07/26

隅田川花火大会 無事に帰宅せよ!

こんにちは、隅田川花火大会の帰り道ですが、規制がされて、少しずつ人が動くことになりますが、激しく混雑します。

申し訳ないですが、その込み具合は、たぶんあなたが想像する以上です。実際見てもらいましょうか。ツイッターから、第二会場の側、浅草駅の混みぐあいの写真を引用します。

うそでしょ…と思いませんか。ラブシャさんという方の写真ですが、引用したのには理由があります。

入場規制がされていて動けない…まったくどうしようもない…という状況を、奥行きがある形で一番表現できているなと感じたからです。皆が駅の奥をのぞきこんでいますよね。

いつになったら動くんだ…そんな声が聞こえてきそうです。込み具合はディズニーのアトラクション以上ですが、ファミリーの姿はありません。

あたり前です。この状況下で、小さな子どもを連れて浅草駅に突き進めるわけがありません。

95万人が一斉に帰る姿というのは、花火大会以外では、そうそうなくて、あまりベストなやり方って、そうありません。でも、残された選択肢の中から、できるだけ負担の少ないやり方を選択していく、なるべく悪手はうたない。そんなことを知っておくといいのかなって思います。

おそらくね。隅田川花火大会の帰りは大変です。でも、それも含めて、その苦労がよき思い出に変わることを祈りながら、少しでも、このブログが参考になるように、できるだけ負担の軽い方法を探してみようといった趣旨で書いてみたいと思います。

1 電車で帰るような人は、まずチャージ!

私は、混雑が大好きだ!。駅では入場規制で並びたいし、さらに券売機の前でならびたくてたまらない!…そんな人はいないかと思いますが、少なくとも、券売機の前で並ぶ責苦は回避することができます。

あなたはチャージしてますか?

花火大会において、チャージの1分を怠たりしものを、天は激しくせめます…スイカ(Suica)や、パスモ(PASMO)などのICカードをお持ちの人は、忘れないでください。

事前準備の1分は、事後の1時間に匹敵することを…。花火大会の行きの駅と、帰りの駅は一緒である必要はありませんし、スイカ・パスモがない人は、1日乗車券や、回数券のようなものを検討してみてもいいかと思います。

ゆめゆめ忘れないでください。汝…チャージ、忘るるなかれと!何を当たり前のことを…と思うかもしれません。でも、僕もそうですが、人って、愚かです…必ず毎年います。そして、券売機はそんなものたちのために、必ず特別な授業を用意して待ってくれています。

それは、長蛇の列に並ぶという授業です。不思議なことに、毎年誰かは並びます。しかし、あなたがそこに並ぶ必要はありません。

人込みに入ることは避けられません。駅が混むことも避けられません。でも、券売機の前に並ぶことは避けられます。上の写真をみて、忘れないでください。

2 混雑する駅の名を知れ!

私は、人に押しつぶされることが大好きでたまらない。人生はハードモードであるべし。人込みのなかでもまれ、精神を高めよ。そう、朝の通勤ラッシュ…そこは私の生き甲斐のすべてだ!…という人以外は、混雑必死の駅名を知っておく必要があります。

これです。

浅草駅

田原町駅

蔵前駅

浅草橋駅

両国駅

東京スカイツリー駅

押上駅

ぱっと、駅が7つぐらい並びましたが、考え方はシンプルで、花火大会が行われる隅田川のすぐ周りにある駅です。

とくに、銀座線は、隅田川花火大会の日には、避けた方がいい路線です。もちろん、例年60本ぐらい臨時列車が運行します。増やします。

でもね。銀座線がスタートしている浅草駅自体、小さくて狭いですし、比較的、車両が狭いです。そもそも、第二会場そばの始発浅草駅は、入場規制でまったく動けません。

ようは、ボトルネックのように、先で詰まってしまうんです…電車が小ぶりで、駅も小さい、当然、人はあふれかえって、駅に近づけない。

実際に行けばわかると思いますが、22時近くでも入場制限が行われますし、「上野駅まで歩いてねー」とアナウンスが流れます。これは上野駅がJRの場合は、ターミナル駅で巨大な駅構内を持っているからです。

なので、乗り継ぎのために銀座線を利用したい人は、申し訳ないですが、上野駅まで40分ほど歩いてください。周りが浴衣姿で大行列になっていますので、そこについていくだけ…というよりは、おのずとそうなります。あまり選択肢がありません。

ところが、銀座線については、上野駅においても、ものすごく混んでいるし、入場規制も行っています。当然、浅草駅の周りは、まず動きません。基本は、江戸通りまで大行列です。

その次の駅、田原町も一緒で…始発の浅草駅の段階で電車にギュウギュウ人が詰め込まれているので、次の駅の田原町駅ではどうすることもできません。ベースとして、銀座線は苦しんですね。乗らなくてすむのなら、避けてください。

逆に、どうしても乗らなければいけないのならば、必要なことはシンプルです。翌日は日曜日だと自分に言い聞かせ、覚悟を決める。そして、最寄駅で乗車する。それだけです。

ちなみに、見物客は、花火終了後すぐに帰るわけではないです。なので、帰りの電車は終日混雑します。

また、わかるかと思いますが、花火大会はイベントごとです。仲間うちや家族と楽しみにきています。当然、その余韻の後なので、車内は花火の見物客のため基本騒がしいです。

ようは、起こりうるデメリットを事前に知っておいてください。隅田川花火大会の帰りの考え方は、残された帰り道の中で、なるべくたえられるものを選択する。それだけです。

そして、都営浅草線も避けれるならば、避けた方が賢明です。浅草、蔵前、浅草橋いずれも、混み合っているため、回避する手段がありません。どうしても乗らなければいけないのならば、単純に最寄駅で乗車下さい。

なので、浅草近辺にいるならば、基本は、上野に向かうことになります。2.1km程で40分程歩くことになるはずです。もしくは、遠いのですが、常磐線の南千住駅に行くことになります。こちらは2.8kmで50分程です。

田原町にいる人は、浅草にいる人より、より上野駅に近いので、上野まで歩くことになるはずです。

では、第二会場、蔵前・浅草橋駅の人はどうでしょうか。

場所としては、両国駅が近いのですが、おそらくそこは大混雑します。ここも、マニ山シンジさんという方が雰囲気をよく説明できていますので、そちらの画像を引用しましょうか。ホームは大混雑です。

でも、混雑しているけれども、それは、気持ち小さな駅だからで帰れないほどではないと思うんです。なので、ここは選択になるかと思います。

ただ、両国駅を避けるのなら、行くところは、その隣の駅です。秋葉原・御徒町か、錦糸町です。

もちろん、基本は、蔵前なら、JRの御徒町に向かった方が近いでしょうし、浅草橋にいるなら、たくさんの路線を持っていて、人の流れが分散される秋葉原に行くことがおすすめです。

千葉方面に行く人は、錦糸町でもいいはずです。これも、30分から50分程は歩くことになります。

東京スカイツリー駅、押上駅にいる人は、東武スカイツリーラインを利用したい人ですよね。ここにいる人も基本は歩くことになります。

始発から乗るために、川のむこうの浅草に移動しても、入場規制が待っているので、歩いて曳舟(ひきふね)に行くことになります。

また、東武スカイツリーラインを利用する人は、北千住から久喜方面に行きたい人だと思うのですが、錦糸町駅の方が近い場合には、錦糸町から、地下鉄半蔵門線に乗るのが、一番簡単で、乗り換えなしになります。

本来、地下鉄半蔵門線は押上(東京スカイツリー前)までですが、東武線に乗り入れて直通をしていますので、錦糸町駅で、「押上行き以外」の電車に乗ればいいはずです。

なので、帰り道としては、あなたが花火をみるスポットによるのですが、帰る方面にしたがって、下の駅を目指すことになるかと思います。

上野駅

南千住駅

御徒町駅

秋葉原席

錦糸町駅

曳舟駅

3 ちょっとした補足

隅田川花火大会の帰り道、駅までは、何千人もの人が歩いています。当然、歩道も込み合っていますし、周りのファーストフード店やコンビニ、カフェも終日混みあいます。

これは、花火終了後1時間半たってもあまり変わりありません。お店としては、ケンタッキーフライドチキンや、モスバーガーとか色々なお店があります。特に秋葉原、錦糸町や、上野に行く人はすぐわかるかと思いますが、スターバックスコーヒーや、色々な喫茶店もあります。細かなお店はいっぱいありますが、ちょっとしたところでは、サンマルクカフェが多かったはずです。

コンビニのトイレを借りるときも、行列ができていたりするので、子ども連れの人は、気持ち早め早めの行動を心がけて下さい。

どこに行っても大混雑で大変だとは思いますが、他に代えることのできないいい思い出を作ってくれたらと思います。

このブログがちょっとした参考になると嬉しく思います。

 

sponsored link

down

コメントする




あいさつ

実績

副業せどりを始めて3ヵ月で月商100万円達成。2017年1月現在(7ヵ月目)160万円更新中。

にほんブログ村

いい記事があったときに、ぽちっと押して頂けると励みになります。みなさんの応援が必要です。

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村


せどり ブログランキングへ



sponsored link