よっしーの食品せどりと田舎でオールジャンルせどり

サーカス(circus) 今話題の二重傘・逆さ傘を確認するのだ!

time 2018/06/14

サーカス(circus) 今話題の二重傘・逆さ傘を確認するのだ!

雨が降るなか、最近、「逆さにひらく二重傘 Circus(サーカス)」が気になっています。みなさんは、このサーカス circusって知っていますか?けっこう、変な名前ですよね。

でも、なるほどねってアイデアで、雨の日にちなんだストレスを解決してくれます。

具体的な内容は、この後説明するけど、一番のネックは値段です。二重傘・逆さ傘って、大体8000円以上します。傘って消耗品であったり、なくしたりするということも考えると、ちょっと高めですよね。

なので、今日は、コストパフォーマンスの高そうなもの。3780円ほどで販売している「逆さにひらく二重傘 Circus(サーカス)」をベースに、二重傘・逆さ傘のいいところ、他のメーカーの物との比較をしてみて、どれが便利なのって疑問に答えていきます。

1 逆さにひらくCircus(サーカス)のいいところ

普段は意識しないけど、今が、雨の日だったとして、使った傘を閉じて、屋内に入ろうとするとき、ちょっと気になるところありませんか?

そう、水滴です。傘をさしたばかりだから、外側の部分が濡れていて、閉じたときに、傘の表面から水滴が床にこぼれます。

これ、いつも払っていますよね。会社や学校、車の中に入るときとか、傘から水滴が垂れてきて、床がびしょびしょになるから。

傘は濡れる。水は垂れる…だから、振り払う。シンプルですよね。

でも、そこで、傘トントンとやっていて、ちょっと止まるはずなんです。地味だけれど、けっこう時間をさいています。

「逆さにひらく二重傘 Circus(サーカス)」は、このいったん止まるところを、なるほどねってアイデアで、解決してくれます。

どう解決してくるのっていったら、これ。

(引用:アンファンス株式会社:http://www.plusfaim.com/products/236.html)
(引用:楽天ショップ:https://item.rakuten.co.jp/yamayuu/ef-um03/)
(引用:楽天ショップ:https://item.rakuten.co.jp/regalokobe/ef-um01/)

1 傘を閉じたときに水滴が表面についていない

逆さにひらくCircus(サーカス)は、雨に濡れた部分が閉じると内側に来るよう工夫しています。実際に見てみましょうか。

まず、傘はパッと見、朝顔の花みたいですよね。

開き方は、普通の傘と一緒です。ロクロの部分を上に持ち上げていきます。花のつぼみが咲いて、通常の傘の形になっていきます。

しまうときはどうでしょう?これの逆です。ちなみに、雨に濡れた外側の部分はどうなりますか。

内側にきてますよね。

そうなんです。逆さにとじていくときに、濡れた面が内側にきます。なので、衣服や手が濡れません。傘って、閉じた後、表面が濡れているから、

普通の傘は、自分の手や、接触しているカバン。周りの人を濡らしたりすることがあります。でも、こういった逆さにひらくタイプの傘なら、混み合った電車の中や、車に持ち込んだ際も、周りに水滴が垂れるのではと心配をする必要もありません。

ここは、ちょっとしたアイデアですよね。シンプルだけど、すごく実用的。

しかも、留め具で閉じなければ、自立するところもうれしいところ。パッと置いて乾かすことができます。立てておくだけで勝手に水滴が落ちていきます。

しかも、場所をとりません。同じ「Circus」でも、こちらは、スウェーデンのインテリアブランド「moz」とコラボした傘だけど、立てかけてませんよね。

自立するから、傘から少し手を離したいときにすごく便利です。プラス、一人暮らしだと玄関やベランダに置くときにも場所をとるけれど、これなら大丈夫です。

逆さにひらくCircus。

一番のポイントは、自分や、自分の周りものが濡れるところをすごく小さくできるところです。しかも、普段だと一度そこで時間をとられていたことに気をとられず、スッといける。

結構、画期的なアイデアです。

2 傘布が二重構造で、髪が挟まれない

ちなみに、真ん中のところをみてください。傘の骨のところ、裏にも布を貼り合わせることで、傘の骨が露出していません。

なので、髪が挟まりません。これも優しい作りですよね。

3 車の乗り降りでも濡れにくくなる

逆さ傘は、雨の日の車の乗り降りのときにも威力を発揮します。通常の傘は、車の乗り降りのときに必ず濡れるポイントがあります。

それは、普通の傘って、狭いドアの隙間から、傘をひろげることが難しいからです。

ただ、Circusのように逆さに開く傘は、先に一番太い部分が、狭い隙間からひょこっと出ているんですね。

だから、開きながら外に出るということがスムーズにできます。これって便利ですよ。

まとめると、逆さにひらくCircusのなるほどねってアイデアは、

逆さに閉じることで、こういった濡れた面が内側にできて、

こういった場面で、雨によるストレスを軽くすることができますよっていうものです。だから、気になっているし、知って欲しいなって思っています。

カラーは10色あるみたいです。

全長80cm、大きすぎず小さすぎずに、ちょうど良い大きさです。重量は500gで、お~いお茶とかで見る525mlのペットボトル1本分です。一般的に重くありません。

ただ、レビューとかだと重いよって書いているものもあるけど、これはバランスだと思っています。自分の周りをカバーして、雨に濡れる面積を減らしてあげるところでもあるので、ちゃんと検討されているんだなって思います。

ちなみに、逆さ傘のブランドって意味では、初技術のGAXがあります。34,800円もする高級傘です。画像をホームページから引用しますね。

(引用:http://gaxumbrella.com/)

こんな感じです。

 

形や広めにとっているところや、デザイン・頑丈さにポイントを置いているようです。ただ、3万円をこえるとなると、特別なギフト用になっちゃいますよね。

なので、通常は、もうちょっと落として、①Carry saKASA(キャリーサカサ) 、②Circus(サーカス)の選択になるのかなって。

ちなみに、値段は大体こんな感じです。

①Carry saKASA(キャリーサカサ) :8,428円ぐらい

②Circus(サーカス):3780円ぐらい

ちなみに、キュサイという傘もあるけど、こちらは人気がないところもあって、ちょっと外しますね。

2 Carry saKASA(キャリーサカサ) との違い

ちなみに、Circus(サーカス)も、Carry saKASA(キャリーサカサ)も、逆さにひらく二重傘というところという意味では一緒なので、

いいところ・メリットの部分って、ほとんどと共通しています。

さっき見た、逆さに閉じて、濡れた面が内側にくるので、こういった場面で、雨によるストレスを軽くすることができますよってところ。

ただ、8500円と、4000円近くとで値段の違いがあります。なので、ここも判断がわかれます。

大きくは、コストとの兼ね合いで、デザインの方を重視するか、実用性の方を重視するかで変わってくると思っているけど、少し、説明しますね。

1 デザイン重視か、パフォーマンス重視か

1 Carry saKASA(キャリーサカサ)は形を水平にとっている

まず、Carry saKASA(キャリーサカサ)は傘の部分は水平です。横にひろがっています。江戸時代にでてくるような番傘みたいですよね。

もちろん、意味があります。上から降ってくる雨をよりカバーできるというのをメリットにしています。

なので、長さは105cm、重さは480gと逆さ傘の中では、軽くなっています。

ただ、ネックもあって、Carry saKASA(キャリーサカサ)は、横からの雨に弱いです。おそらくね。Circus(サーカス)は、上から、落とすようにかぶせているので、ちょっと重くなるけれど、その分、横からの雨に強くなります。

ただ、デザインって部分でみたときは、Circus(サーカス)はたぶん、自分使用になるのかなって。

ギフト用に考えている人、とくに使う人がすごくデザインにこだわるような人の場合には、もう少し見比べてみる必要があります。

Carry saKASA(キャリーサカサ)は、値段が高い分、やっぱり、ファッション性や高級感にこだわっているところが見て取れます。ハンドル部分や見た目違うでしょ。

ちなみに、カラーバリエーションとしては、こういうものがあります。12色、結構デザイン性は高く作られています。

なので、使う人ですよね。その人がなにに重点を置くのかで変わってくるかなって。使う人がデザインや・高級感にこだわるところがあれば、8500円でCarry saKASA(キャリーサカサ)を選択するというやり方もあるはずです。

 

2 通常はCircus(サーカス)がすごくお得

でも、傘って雨の日の消耗品であったり、なくしたりするということも考えると値段のバランスってあります。この8,428円→3780円(サーカス)で、二重傘で雨の日のストレスが軽くできるってのは、やっぱりお得です。

コストパフォーマンスとして、僕はCircus(サーカス)が気になっているし、そうでなくても、みなさんにも、逆さ傘のことを知って欲しいなって思っています。

普段使っている傘に、ちょっと手の届く範囲にお金をかけてあげれば、雨の日のちょっとした困ったところを解決できる!それって、なかなかアイデアじゃないかなって。

カラーとしても、バリエーションがあるし、

コラボも含めるのなら、なかなか選択ができます。

よかったら「逆さにひらく二重傘 Circus(サーカス)」チェックしてみてください。たぶん、見ているだけでも楽しめると思いますよ。

まだ、件数は少ないけど、レビューなんかもぜひみてほしいけど。総じて高評価です。

https://review.rakuten.co.jp/item/1/231176_10016842/1.1/

とくに、年配の方の評価が高いのかなという気がします。

まずは便利だということ。裏地については、髪の毛を巻き込まない工夫なので、ここはあった方がいいのでしょうけどね

でも、サーカスはやっぱり、雨の日に自分も周りも水滴で濡れることがないというところで、すごく便利だし、比較的安価な値段で。雨の日が楽しみになったというのは、なかなかいいコメントですよね。

しっかりした作りの分、重さも気になるところですが、重量500gなのですが、40代の女性の方からしても、そこは大丈夫ですと。

おそらく、自分でつかってみるのも便利ですし、自分で買うにはちょっと高くても、ギフトとしてもらうとすごく便利という買い方もあるはずです。

もし、欲しい物が決まっていて、ギフトとかですぐに間に合わせたいという人は、Amazonの方がいいのかな。配送が早いので。お父さんとかに送るなら、こんなネイビーブラックのタイプですよね。

でも、まずは逆さにひらく二重傘 Circus(サーカス)について、知って欲しいなというところがあるので今回の記事を書いてみました。

雨の日の水滴を画期的なアイデアで便利にしてくれる、ちょっと変わった形の傘。二重傘Circus(サーカス)について、おすすめしたいし、もし興味をもってくれたらと思います。

それでは、記事を読んで頂きありがとうございました。

sponsored link

down

コメントする




あいさつ

いい記事があったときに、ぽちっと押して頂けると励みになります。みなさんの応援が必要です。

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村


せどり ブログランキングへ



sponsored link